効率良く営業を進めるなら|顧客管理システムを導入しよう

男の人
  1. ホーム
  2. マーケティングを自動化

マーケティングを自動化

ウーマン

リード獲得・集計が迅速に

製造業では生産ラインの一部をオートメーション化することによって生産効率を高め、品質向上や大量生産に結びつけています。それまで人力に頼っていた部分を機械によって自動化すれば作業ミスが減って製品の品質が上がり、結果的に顧客満足度も高めることができるのです。同じことは製造分野ばかりでなく知的生産分野にも応用可能ですが、中でも注目を集めているのはマーケティング分野における一部作業のオートメーション化です。企業の営業活動にあっては、企画立案から始まって各種マーケティング活動実施後の評価分析から改善までのプロセスも重視されます。メール配信は代表的なマーケティング戦略ですが、どの範囲の顧客にメールを配信するのか事前のリスト抽出には多大な労力を要するものです。メール配信サービスを利用すれば開封率やクリック率などの結果を集計することも可能なため、それらの集計結果を分析し、次回配信に向けたコンテンツ改善などに役立てる工夫も欠かせません。以上のプロセスのうち、配信リスト作成から結果集計・分析評価までの過程はマーケティングオートメーションによる自動化が可能です。ECサイトや情報サイトを運営している企業では、サイト訪問客に関するアクセス解析データをマーケティングオートメーションで効率的に収集し、メール配信等のマーケティング戦略に活用しています。従来はこうしたリード管理にも多くの労力が費やされてきましたが、マーケティングオートメーションを使えば自動的に処理できるため、マーケティング担当者の負担が大幅に軽減されます。マーケティングに関わる作業の中でも最も時間がかかっていた過程を自動化によって短縮することにより、企画立案やコンテンツ制作に余裕が生じます。マーケティングオートメーションで自動化できない部分は人が意思決定し創意工夫を凝らすべき分野ですので、ここに注力できる企業の方が有利となってくるのです。